* con vida Azul * 羽鳥活動記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ピアノ即興を志す方へのblog音楽理論。入門講座2「和音の各構成員の呼び名」


入門講座2♪
和音の、各構成音の<呼び名>いろいろのお話。であります。

構成音という名前を
初めて耳にするピアノ弾きさんにも
お話が通じるように書けたらいいなと思います。

連投になりますが
ブログde音楽理論入門、
初日につき 張り切っておりますね。笑

今回は知っている方が非常に多そうなので
ご存知の方には、復習として
ささっと読んで頂ければ十分なのですが

こうせいおん、という言葉を
耳慣れないぞという方もいらっしゃるようでした。


和音を形づくっている、その、ひとりひとりのメンバーを
ある和音の構成員、もとい、構成音と呼んでいます。
構成音という日本語とイコールの関係になっているのは「コードトーン」。

コードトーン=和音を構成する音として、本を読んでみてください。

四和音を、4人のメンバーから出来ている音として、
4つ一組にして、瞬間的に、
きちんとダイアトニックに正しく弾けたと仮定します。(第1回記事を参照)


第1音、第3音、第5音、第7音、というふうに
どみそしのそれぞれを呼んでいますよね。
呼んでいます。笑
なぜなら、


「ド」は根っこの音であり、1番目の音だから。
「ミ」は音階上の3番目の音
「ソ」は音階上の5番目の音
「シ」は音階上の7番目の音。

という意味で、第1音、第3音、第5音、第7音と呼んでいます。
ここまでは簡単。
ここからは初めて触れる方も、いらっしゃるようですが、

さらに、呼び方には
くろうと向きの呼び方が存在しています。

根っこの音である1番目の音は
なにせ根っこに相当するので「Root(ルート)」とも呼ばれ、
第3音は「サード」
第5音は「フィフス」
第7音は「セブンス」と 音楽関係者は(!)呼んでいます。

音楽の理論のお話では
講義中に、

「Dマイナーセブンの、フィフスが~」とか
「Gセブンの、フィフスが変化して~」とか
「Cシックスの、サードが~」といった言葉が頻繁に出ますので

授業を聴いているとき
サードって???と頭がハテナにならないよう、
(そこでハテナになると授業自体が分からなくなって苦しいですよ!)

和音の構成音を、
音階上の3番目だとか、6番目だとか、7番目という風に
呼ぶことが、ふつうにある、ということを覚えておきましょう。
和音のサード、シックス、セブンス、という風にさらっと呼びましょう。

なお解答編も。

Dマイナーセブンの、フィフスは、「ラ」の音。
Gセブンの、フィフスは「レ」の音。
Cシックスの、サードは「ミ」の音。です。


音階上の何番目の音、という発想を、
普通にできることの必要性と、

根っこの音=だから根音(こんおん)=ルートと呼ぶ=第1音のことだな。という

多彩な呼び方への理解、
脳内での変換が必要になります。

これらは音楽理論の本を読むとき
必須の考え方になっています。

第7音が、とか、
第3音が、とか、
ときには第9音が、等も書かれますが、

和音の構成音の譜例を読んだとき、
1、7、3などと振ってあると
まず指番号のことだ★と
勘違いする方もいらっしゃるそうで(F師 談)


「指番号ではなくて」
「ルートの音と、7番目の音、3番目の音」という意味だよ、

ということを
つねに覚えておいてほしいというのが、F氏のお話でした。

1、7、3、は、非常に大事なのです。
めちゃめちゃよく出てくるのです。
最も大切な3人です。

(どれくらい大事なのか、
 それは この3音が
 「3ノートヴォイシング」と名付けられているくらい大事★
 (※微妙に説明になっていません!)

音階の根っこ。
音階上の7番目の音。
音階上の3番目の音。

この3つの音が「和音の基礎」なのです。

7の指なんてものはありませんが、
「第7音」は「音の土台を作ってくれる3人衆のひとり」として
重要性の高い音になっています。

ですので、1と7と3は
建物の基礎であり、
柱であり、というか、いっそ大黒柱であり(?)
音の取捨選択をする際に
「1、7、3」の3ノートは、
捨ててはいけない音です。
残さないといけない音で、和音のくっきりとした外郭なのであります。

うっかり間違って、ぽいっ★と、
ピアノ演奏時はぶかないように
留意したいものです。
<根音と第7音と第3音>は。習慣づけみたいに慣れてゆく必要があります。

第7音が♭したり、
第3音が♭になったら、
とたんにコードの種類が瞬間、
大きく変わることにも<耳でも>


常に、演奏中、敏感であってほしいな、と思います。


チームのカラーを決定づけているのが
四和音や、ときに五和音以上のなかでも、実際は、
どのメンバーなのか?という意識。

その入門として、
主要な3人を選ぶ際に
ガイドとしての3人「173」というお話でした。


初日の散歩はここまで。
ドレミファソラシでお馴染みの
7音スケールの記事を今回は書きました。

ダイアトニックスケールについてを
説明する、という役目は果たせたかと思われます。

あと、かる〜く、
3ノートヴォイシングの説明と、
ローインターヴァルリミットへの注意喚起も、出来たかと思います。
低音域での限界、ですね。つめこみすぎ注意!

次回は、ジャズ教育家バリーハリス氏の提唱している「8音スケール」まで
足をのばせるといいな、と思っています。
バリーハリス氏のメソッドを基盤としている、
三上さんの黄色い本(「ニューヨークスタイルジャズ曲集」)の、
入り口に、ちょっと入ってゆきたいと思います!


はじめから長い散歩ですね!  


お疲れさまでした。^^


※散歩が長過ぎて疲れすぎるようでしたら
 次回からは 加減します。

最初って、誰でも、りきみますよね! 笑

スポンサーサイト

PageTop

ピアノ即興を志す方へのblog音楽理論。入門講座1「全音音階」



2014年 5月も中旬ですね



緑まぶしく気持ちのいい季節になりましたので
本腰を入れて何かを始めるのにぴったりの季節。
羽鳥による「音楽理論」入門講座の時間です。
ピアノ弾きのための、という、ただし書きもくっついてきそうですが。

音楽理論の長い散歩を
このさわやかな季節に始めてみたいと思います!
気ままに、急ぎすぎずに♪♪
起承転結、まずは、「起こして」みましょう~♪

(個人レッスンの内容を、
 生徒さんが復習できるように。
 講義を思い出したり、脳を整理できるように、との
 願いも込めまして☆)

羽鳥の音楽理論入門 第一回「全音音階」
ひゅーひゅー♪♪
(とは、平成世代の方は言わない気が。笑)

なお この記事カテゴリでは今後
初級~中級 程度の
音楽の理論をすこし知っている方
(あるいは音楽のなりたちを、
 説明するときの言葉に対して、すこし耐性がある人。
 すでに少し慣れている人。かじってみている人)を
読み手と仮定いたしております。

お話をするには「相手をよく見る」ことが必要であり
読み手の気持ちを、ある程度は分かっている必要が、あります。

ここでは聴き手に、生徒さんのKさんやMさんを想定し、
彼女たち、彼らに、理解して頂けるよう心がけて
お話したいと思います。

第一回目。
私たちは本当に<全音音階>の深さにも気付いているか。
そしてピアノを弾くならば鍵盤が88個もあるのだから
音域が広すぎる楽器の特性を生かして、
和音の配置では、オープンとクローズを意識したいよね、


というお話をば。
この4行だけで「何の話?」という方へも、
理解していただけるよう努めつつ。


ここからがお話の本編です。

皆さんは「全音音階(ぜんおんおんかい)」という名前を
聴いたことがありますか?
英語ではダイアトニックスケールという名前が
割りあてられており
もし音楽理論の本で「ダイアトニックスケール」と書かれていれば
「全音音階」という日本語とイコールになります。


さあ一つ覚えましたね♪


(と、どや顔をする場面では全然ありませんが
            せっかくなので初回どや顔/笑)

この記事を読まれた方に
皆さんの頭のなかで「ダイアトニックスケール」という言葉と
「全音音階」が、イコールの関係になればいいな、と
わたしは思っています。
慣れるしかないので口ずさみましょう。笑
ダイアトニックスケール、イコール、全音音階。

さて
ダイアトニックスケール。
どれみふぁそらし(ど)も、そうです♪
ダイアトニックスケールです。

この存在を「それなら分かっているよ」と思っている人。
「はたしてダイアトニックスケールを演奏の際フル活用できているか?」という
問いかけが生まれてしまう場面が、よく、あります。
ダイアトニック世界は、別に浅くはないよ。という事らしいです。
使いきれているようで、使いきっていない、という表現を、F氏はされます。
(使いきる方法については二回目の講義へ続きます)


幼稚園のとき
ダイアトニックコードだけで作曲したことがあったよなあ、、
左手は、ダイアトニックで積んでいたよなあ、と、
私は遠い目を一瞬してしまうのですが
確実に脱線してゆくから やめておきます。


話を本題に限定して、
ダイアトニックスケールのこと。


たとえば
Cメジャーの「メジャースケール」でいけば
一般的には7音スケールのわけで

ド レ ミ ファ ソ ラ シ

この7音だけでスケールが成り立っていますよね。
ドまで戻ってきたら8音目になるので
やはり7音スケールと呼ぶことが、しっくりきます。

数えてください、7つですよね?(今度はジョナサンケイナー風)

Cメジャーの、ハ長調の、スケール構成音は
どれみふぁそらしの7つです。

さあ、この7音を
ピアノを弾くひとが「有効に使いきるぞ♪♪」と思うと
いろいろな工夫や方法論が生まれてきます。
この7音を使って和音も考えだすことができます。


和音を作るときにも、
スケールの音だけで和音を作る、という作業も
たとえば可能ですよね。


この音階に出てくる音だけで
コード(和音)をつくってみること、
和音を積んでみること。
ダイアトニックコードをつくってみる、という作業。

3和音では、ラクに積める人も、
4和音で右手だけで積もうと思うと、手で、ぱっと自然に弾ける人もいれば
ちょっと間違えそうになってしまう人もいたりします。

さあ4和音で弾けたとして。
そのコードを、どのようにして「両手で弾けば」
効果的に綺麗に響くのか。というお話も出てきます。
人間には両手がある。
5指+5指が使えるわけです。

けれど
コードをピアノをつかって<美しく響かせたい>なら、
なにも、一瞬で10個の音を鳴らさないといけない、という決まりは
ありません。

鍵盤を弾いていない指、というのは、常時あって構いません。
逆に10個も音を出すとあつくるしいのです。
両手で合計8個の音でも、かなり、あつくるしい。(笑)


両手を使って3つの音だけを綺麗に鳴らす事もありますし、
両手を使って4つの音を鳴らす事もあります。

4和音を、ピアノで綺麗に鳴らそう、と思ったとき、
もっとも大切な3音に音を減らすお話はまた次回へ持ち越し。
今日は、
片手に2音、片手に2音、が、とても楽に弾けて、
おすすめできる<鍵盤の押さえ方>です。
まずはこの方法で話を進めます。
四和音に慣れましょう。2+2に。

ドシミソ、レドファラ、ミレソシ、ファミラドなどが典型。

和音を、どう配置するか。
ぎゅっと狭いところに音がたくさんある(クローズ=密集)状態が、
おいしいのか、
はばひろい音域へ、
散らばらせるようにして、コードを弾く(スプレッドする)のか。

ここは必ず、瞬間ごとにも場面ごとにも考慮しています。

状況によっては、
狭い音域に、沢山の音をあつめてくると
あつくるしくなってしまった!ということが
ピアノでは頻繁にあるのでご注意を。
左手だけで密集形で、コードを演奏することの、かなりの危険性です。

和音がにごりやすいのです。まして低音で集まりすぎると。
とんでもないくらい、にごりすぎてしまいます。

片手だけで4和音を鳴らす密集形でなく、
両手をつかって、
左手に2音。右手にも2音(合計4つ)というのは
手がとっても「ラクをできる」エコな弾き方でおすすめでき、
同時に、綺麗に響いてゆける鳴らし方でもあります。

(もちろん頑張れば両手で計8音以上だって、弾けるけれど、
 手が緊張状態になることも必須??
 つねに、あつくるしさ警報ですし)

和音の団子を
密集形(クローズと呼ばれます)で弾けたあとには、
密集形ではなく
ぜひスプレッドする=ひろげる、
いわゆる「オープンのボイシング」でもピアノを弾いてみて頂きたいのです。

クローズの反対語だから、オープン。
ごちゃっと塊にせず、音と、音の隙間を、ひらくこと。
オープンボイシングに、チャレンジしてみてほしい。と羽鳥は思います。
好奇心をつかって。


構成音は同じなのに、耳には違うぞ!という感覚が、待っています。
スプレッドできるようになってほしいな、というのが
教師側からの望みです。

するっと、らくに。

ドミソシ、片手じゃん♪という密集形と、
ドソ(左手)+ミシ(右手)では、
なんだか音の聴こえ方が変わるはずです。すきまが増えました。
手の使い方だけではなく、音が、変わります。


どみそし(片手で弾ける。左手だけでも弾ける) と 
どそみし(両手でどうぞ♪) と
どしみそ(両手でどうぞ♪ドシが左手、ミソが右手) と 
どしそみ(片手でも弾けちゃいますが、あえてここは鍵盤で両手でどうぞ♪)

上記は
使われている日本語(というか音)は、同じ、なのですが
両手へ広げるとき、
指と指の「はば」は明らかに違いますし、
手の使い方の感覚だけ違うのではなく、
そもそもピアノの音の響き方が異なっていることに気付いてほしい。


両手で広げて和音を弾くときに 方法は様々なので
もちろん「左手に2音」と「右手に2音」だけが唯一の方法では
全くありませんけれども、
四和音を目でも認識しやすい、
というメリットから、こんな説明をしてみました。
ドミソシも、レファラドも、ミソシレも。四和音です。
全音音階の音階上の音を「一つ飛ばし」に選ぶことで
これらのダイアトニックな四和音は、生まれています。

手が、悩まずに、ぱっと動く状態が
演奏時は必要になりますので
あとは慣れるまで弾くのみ☆(※※このへん体育会系)


今日のお話をすべてまとめると
和音を鍵盤上で表現するとき、
たとえば
ダイアトニックな音階の、音だけで、構成された
<ダイアトニックな四和音>を弾くときに、


「どの音域を使って」「クローズではなくオープンに配置してみて」
「ダイアトニックスケールの構成音だけで」


和音を弾くと、どんな感覚がするのか。というひとことに尽きます。
ぜひ耳にも覚えさせてあげてください。
好きな配置の形のまま、横へ、平行移動を。

ひろがり感の違い、
高音域で弾くのか、
低音のほうで弾くのか?だけでも、
耳への触り方が変わってきますし。
このことは子供さんも、
すごく本能的に気付いています。


高音はきらきらしていて、
低音は聴き取れないほど不明瞭で、もやっとして、なにせ重い。


ピアノという楽器そのものに、そういう特徴があります。


低音に音を使いすぎると、かなり危険、という事実には
「ローインターバルリミット」という呼び名もついていて
限界あり要注意、という認識が、
音楽関係各位の皆さんの共通認識として、既に、もたれています。


れふぁらど、だけにしても
この4音を両手で鳴らすとき、
まず音域によって印象は違いますし、
密集で弾くのと(〜固めて和音配置する)
オープンヴォイシングへ「スプレッドした」和音の配置では、
響きがぜんぜん異なってきますから(力説)

スプレッドした形にも
どんどん慣れてゆきたいものです。

歌の伴奏をしたい方には特に。
スプレッドは「空間をつくる」という感覚へも
つながってゆくものだ、と羽鳥は思います。

本編はここまで。
オープンって?クローズって??
全音音階って何?というところを、
この本編を読んでくださったことで
読み手の方が無事クリアしてくださったなら嬉しいです。


羽鳥の音楽理論にゅうもん講座。
またの名前を「文系ピアニストによる」理論講座(笑)


おつきあいありがとうございました♪♪

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。