* con vida Azul * 羽鳥活動記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

まろやかなサイレントナイト


★ー★ Merry Christmas! ☆ー☆


まろやかに
メリーメリークリスマス!
それぞれのお家で 幸せなミラクルが沢山ありますように〜☆


私たち
アメリカのピアノメーカーであるKimball製の
グランドピアノを教室で使用していて
そんなKimball Piano Salonの講師陣より
クリスマスソングの王道「きよしこの夜 (原題 Silent Night)」を
梅田から動画でお届け致します

子守唄みたい(呟)

ピアノ:羽鳥
ヴォーカル:Rumi
Keybord: 藤井

URL
LeeEvans Nowel "Silent Night"

https://www.youtube.com/watch?feature=em-uploademail&v=aTCcLpv0zho&app=desktop

RumiAyaNoel1224.jpg


From KPS Osaka Japan

アメリカの作編曲家リーエヴァンス先生
(Dr. Lee Evans)への
クリスマスシーズンのご挨拶です☆★☆

Lee Evans先生が編曲された譜面による
美しく簡略化され
音の厳選されたジャズスタンダード楽譜を
発表会の催しで、毎回、使わせて頂いております。

演奏の
たとえばピアノに注目していただくと、
よぶんな音を即興で増やすという感じの演奏とは今回、
まったく違って
「楽譜にある音」のみ、で演奏するよう、心がけました。

設計図に指定された音そのもの、だけを、どこまでもていねいに。

少なくて、しっかり選ばれた音です。

静かな夜に
幼子はまどろみ。

クライスト、
救い主は生まれました


★☆★皆様 素敵なクリスマスを☆★☆


LeeEvjapan.jpg


AyaRumi.jpg

KPS20141224.jpg


:KPS Osaka:
Rumi  and Aya and  Mr.Fujii
We Wish you a merry merry Chrisrtmas2014!!!



スポンサーサイト

PageTop

デパートでも「ひいらぎ飾ろう」が降って来た。


今年も12月。クリスマス聖歌の季節の到来です!
ルミナリエも先日からスタートしていますね、
私もひさしぶりに聖歌のケルト版を聴いたり、
ジャズ版を聴いたり弾いたり歌ったり意味を調べたりetc
聖歌づいております。

bells-holly-mistletoe.jpg


(「せいかづく」=完全に造語にて失礼します。笑)

今日は、その入り口の部分など。
とてもパーソナルですが、

思い返すと大学4年間、
声楽の科目を見てくださったのが
聖歌専門の先生でしたので、古語や、ふるいうたを
めちゃよく聴いておりました。毎週。
そして毎冬12月はノエルを聴くために
実際の教会へ伺う機会も
非常に多かったのです。

ノエル、キャロル。

友人を誘って、よく聴きにゆきました。
教会で聴く聖歌は、みずみずしくて、柔和で、
しずけさが染みて来て
こころが洗われる時間です。
教会そのもののリバーブで聴くのが良いのです◎

あれです、人の体温がある、音の感じ。

先生のように聖歌をひびかせるには
もちろんのこと
まだまだ修行が足りませんが

学生時代に比べたなら、
音を柔軟にする訓練も進んできました。

今日は「ひいらぎ飾ろう」と「ホーリーとアイビー」に
主に取り組んでいました☆☆☆

歌をよく見てから出歩くと
街で発見が多くなります。
デパートでも「ひいらぎ飾ろう」が 
やけに陽気に降ってきました。
浮かれすぎでは?というくらいにテンションの高いヴォーカルで。
一瞬おののいたのですが(笑)

まあ、「晴れ着に着替えて」
「ハープに合わせて」「コーラスに参加しよう♪」ですから

可愛い衣装に着替えて、
すでに音楽も始まっているし、
はりきっちゃう子供心で、という感じかもしれません。
特にアメリカのクリスマスでは
プレゼントの数が半端無さそうですしね>ワ<


一部の大人はにがわらいしてしまうような
浮かれ感が確かに漂う演奏でした(※デパートのスピーカーからは)


一方で
「ホーリーとアイビー」The Holly and Ivy のほうは
ケルト的なアレンジのものを見つけて聴いています。
うん、これは聖歌ずばり。

さすがに歌詞の事情が全然ちがっていて
ジングルベルとは訳が違うし
「ごちそう食べれて嬉しいな〜♪」的な歌詞とは
まっっったく別の、
もっと宗教色が強いものですが。
聴き始めると
こちらも好きですー♪♪♪

ホーリーは ひいらぎ。
アイビーは ご存知、観葉植物やブーケにも使う、あのアイビー。お屋敷の外壁の、蔦。
ひいらぎの
トゲトゲしたした葉っぱは魔除けでもあるのだろうし
赤い木の実はキリストの血、
マリア様の百合の白色など

とっても無邪気な歌声なのに
意味を考えだすと、ん?って引っ掛かって、
すぐに「あーやっぱり聖歌〜!!」ってなるのですが、
(スノウホワイトみたいな色彩が浮かんできます)

少しずつ
このBlogでも期間限定的に
クリスマスの歌をご紹介してゆけたらと思っています♪♪♪
マライアキャリーさんとかについては
浸透しすぎているから
今さら私がここで語る必要ないでしょうし☆
歌詞の深読みも要らないでしょうし(苦笑)

☆今日は、ひいらぎ飾ろう、と、ホーリーとアイビー(The Holly and Ivy)でした☆

クリスマス期限定
hato*aya謹製
手作り聖歌チャンネル!(そんなものはない


いずれ楽譜の弾き方の動画もご紹介できればと思っています^ワ^


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。