* con vida Azul * 羽鳥活動記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

蟹座さんの名言「家のごはんが美味しい」


30年生きてきたら
絶対に忘れられない場面や
台詞といったものは、
もう、やはり10を越えるような気がするのですが

食べるものに関する記事を書いているうちに
蟹座の親友のせりふを思い出しました。
連投ついでに書いておこう。
彼女は、てづくり礼賛を、15年は先取りしていた。

「外食キライ。私はほとんど行かない」
「だって家のごはんが一番、美味しいもの」

当時、中学生だった私は
「なんで。外食、美味しいよ?!」と思っていたものですが


「家のごはんがいちばん美味しく安全だから」


この言葉の重み、真実が、身にしみる昨今でした。
家のごはんが一番。
安全じゃない食べ物って多すぎる。そんなことを
少なくとも10代では
考えもしていなかった。
蟹座の親友は、そとで「出される」食べ物に
かなり懐疑的だったことを憶えています。


安全な食べ物を、安全な材料選びから、自分ですること。


今は母となった蟹座の彼女も
きっとまいにち続けているだろうし
そして私も、きっと、そういう主張をする側の人間なのでしょうね。


「家のごはん」を大切に。


今年の後半も大切にしてゆこうと思います。健康のためにも。


スポンサーサイト

PageTop

食べるものへの執着。「何を食べるか、それが問題だ」


家風、とか、家訓とか。
そういう言葉を
口にすることのない友人も私には沢山いますが、
やはり「家の考えだけは守りたい」
「家族がもっとも大切」
「家の掟だけは曲げられないの」というようなことを

つね日頃から口にしているような
長女生まれの友人も、いたり、します。
家族想い。

家風とか家訓とか。

私の場合それはきっと「何を食べるか、それが問題だ」

に尽きると思います。
得心してしまったのでタイトルにしました。笑


今日「羽鳥家は富豪なんですか?(薄笑い)」という皮肉を
とある方から言われたのですが
もちろん「いいえ!」と即答してきました。


富豪ではありません。
オフコース。

おうちが何軒も、あちこちにあるような状況に生まれた方たち、
不動産経営をいとなんでおられたりする方たち、と、
わたしはまったく違う育ち方をしています。いっぱんじん。

けれど。

食生活だけみたら、、、、、
うん、、、、、

食だけを見たら、否定できない気がしてきます。

富豪的な食生活を
贈られて育ってきた、かも、しれない。

大学生のときも 演奏後 深夜、
家に帰ったら
テーブルクロスのうえに
てづくりのフルコースが
机のうえに ざんざんと 華々しく。。並んでいたり。

していたもんな(溜め息)

今日も今日とて
羽鳥家のメンバーおよび私の思考のなかで

「さあ、何を食べよう」

は、ひじょうに大切な、すっごく大切にされている、
だれにも軽んじられることのできない命題なのでした。


今になったから
素直に呟くことにします。
家風を吸いこみながら育ってきました。


毎食
たべるものへの飽くことなき
執着と誠実さ(?)と、情熱の姿勢を(?!)


ありがとう☆ 

PageTop

私のこと(あるいは牡牛座の典型気質のこと


そろそろ8月も終盤です。
突然、涼しくなりましたね。

今回の記事は

cd_amarena.jpg


羽鳥のこと、とタイトルをつけるべきなのか。
はたまた牡牛座さん全般のこと、というタイトルにするべきか。


牡牛座の本を私は、一冊だけ持っています。
石井ゆかり著「12星座シリーズ 牡牛座」


うん、たぶん、この記事は
後者なのだろうけれども
石井ゆかりさんの
12星座への「理解度」「共感度」「観察眼」が
すば抜けて高すぎて、もう感服しきりなのです。
ここ三年くらいずっと石井ゆかりさんのファンの羽鳥。
彼女の、言葉の選び方の繊細さ、好きです。
彼女自身は蟹座のはずなのですが、どうしてか、
牡牛座への理解度も半端無く深く、
やはり的を射ているのです。

(私はちなみに牡牛座です)


以下、石井ゆかりさんのサイトより
改変もせず転載させて頂いてます。


(ご興味をもたれた方は
 ライター石井ゆかりさんのサイト「筋トレ」へ!!絶賛推奨!!)


ゆかりさん、ゆかりさんの的確な観察眼を大絶賛のあまり、
ひっそり引用させて頂いてすみません。
問題がありそうなら後日この記事は消します!



それにしても石井ゆかりさんが蟹座なのって
そうと知ってしまえば
ものすごく分かる。。。なるほどと思う。
そう思っているのは羽鳥だけではないでしょう。
蟹座といえば私の親友も蟹座ですが
ほんっとに面倒見が良い。


お節介気味に面倒見がよく
他人に迷惑をかけられようが、そんなことくらいで
おせっかい気味な愛は尽きないし
どの年も
多くの愛に溢れていて 一途で。
ずぶとく見せかけても繊細な感性が
常に、毎日、躍動してる。


私は
蟹座さん大好きだー!(ここで叫んでもあんまり意味がないけれど)



蟹座さんは牡牛座の思うところの「誠実」を
生きている感じがする。すごく。






牡牛座について (石井ゆかりさん「筋トレ」より)


牡牛座は、好き嫌いがハッキリしている星座、といわれます。
地の星座は、人間が身体で感じる感覚を認識することに、
とても優れているんです。
だから、職人や芸術家ができやすい。
スポーツをする人も、地の星座が強いひとがおおいですね。
でも、細かい作業とか技術的なことは、
乙女座がすぐれます。
山羊座も感覚は良いんですが、
それを現実的に「使う」ことに頭が行きます。
で、牡牛座はどうか。
牡牛座は、感じたことを、楽しむのです。
むっちゃ楽しいのです。
そして、楽しんでいることを、確信しています。



たとえば、同じ地の星座でも、
ピカソは牡牛座が強いですが、
イチローは乙女座が強いです。
ピカソは楽しそうだけど、
イチローは。。。たのしいのかね、たのしいのかな。
本人はもしかしたら楽しいのかもしれないけどねー。
たのしそう、ではない。かもしれない。

牡牛座は頑固だとか、安定志向だとかよく言われますが、
たしかにそういうところ、あるかもしれません。
でも、それは、なんというか、もしかしたら、
自分が生き物として感じていることをきちんと肯定できるという
素晴らしい才能のおかげなのではないかともおもうんです。
自分が感じたことを肯定できれば、
それ以上の意見はありません。
自分が「今」感じていることが正しいのですから、
浮薄な変化など不要です。
そんなふうなこと、あるんじゃないかとおもいます。

牡牛座には、おいしい食べ物やきれいなものに目がない人が多いです。
きれいなもの、は、天秤座のすきなものとはちょっとちがいます。
天秤座は、どちらかというとスタイリッシュ、ハイセンス。
牡牛座は、なにかこう、愛らしいとか、質感がよいとか、
目にあざやかとか、
いい仕事しているとか、そういうきれいさを好むことが多いようです。
だから、全体としてのバランスはあまり考慮されなかったりする。
周りから見たら「ちょっとキッチュ?」みたいな格好をしている人も
たまにいます(爆)
天秤座も牡牛座も支配星は同じ金星です。
きれいなものがだいすき、という点で、共通しています。
でも、そこには大きな相違があります。
天秤座は、モノの価値を「評価し判定する」感じですが、
牡牛座は、直接「感じる」のです。

比較したり対照したり体系化したりには、
それほど興味がないのです。
形ある「もの」をそのまま直接楽しむことがすごく得意。
書画骨董、お高級な食器やふとん、家具やエクステリア、
牡牛座の心を動かすモノは、銀座の大通りにあふれかえっています。
牡牛座はそれらを涎をたらしながらためつすがめつして、
既に買ってあるモノたちとのバランスや
コーディネートとかはあまり考えず、
たのしくコレクションしてしまったりします。



自分がすなおに感じていること。それが基本。
感じる、というのは、
水の星座のようにどこかイメージの中で感じるのとは違います。
具体的で、あたたかいんです。
そして、自分が感じたことを当然のごとく信じ切っています。
ですから、
進み出すまでには時間がかかることが多い牡牛座ですが、
進んでいるときは迷いはありません。
体の中に最も信頼できる磁石が内蔵されているからです。
水や風の星座のようにちいさな揺れにびりびり反応したりしません。
安定的で信頼性の高い、GPS以上のアナログ磁石。
そんなイメージがあります。


自分が感じていることが基本なので、
他人がどう感じているか、ということには、
若いウチは無頓着なところもあります。
でも、自分がひとたび理解したり感動したりしたことには、
とても忠実です。


年齢を重ねて、体験を重ねて、
人々の中で揉まれるウチに、だんだんと
人の感じていることも自分で感じられるようになります。
これは努力目標ですので、
意識して「ひとのきもちに気がつくようにしたい」とおもっている人と
そうでない人とのあいだには、
ものすごい乖離があります。

牡牛座の持つ素晴らしい特徴群のうちのひとつ
「やさしさ」が、
それを受け取る人間にとって意味あるものとなるかどうか。
洞察の力は、がんばって育てねばなりません。



牡牛座の特徴はもうひとつ、
変えないように、守ること、です。
時間が止まってしまったみたいに、牡牛座の気持ちは信用できます。

普段蟹座とか双子座とかとつきあっているひとは、
牡牛座のあり方が決して信用できないでしょう。

すきだよ、と牡牛座の星が言ったら、
それはケンカ別れしても10年経っても状況がどんなふうでも、
貴方の見た目が変わろうが誰かと結婚しようが
子供ができようが二重スパイだろうが、
再会したらしたら昔と同じに
すきだよ。
ほぼ変わりません。(そうです!そうです!!!よく分かりますね!)
うそつけー!と思いますか。
でも、牡牛座の星が言っていることは、ほんとうです。
そういったなら、そういうふうに生きているんです。




石井さんの解説してくださるところの
2013年の

「水瓶座」
「魚座」
「山羊座」も

最近の羽鳥はチェックしています。

身近な方の特質への参考に。
なるんです、これが、ほんとうに。

山羊座だったり、水瓶座だったりするそこのあなた、
だまされたとおもって
石井ゆかりさんの説を一度は読んでみてください!

(※それにしても私の周囲に
 いまだかつて水瓶座さんは一人だけですが)


愛すべき
乙女座さんへの考察も、凄く、判ります。
身近な誰かをおもいうかべながら読んでみてください。
ああ、あのひとってほんとうは、と、おもってしまったりします。


世界の秩序は
乙女座さんのおかげで守られているらしい。です。
有能な乙女座さんが、常に地雷を撤去作業しては、みんなの安全を守り、
そして疲れ果てているらしい。

ありがとう、乙女座さん。


牡牛座に生まれた私からの「羽鳥ってこんな人間です」でした。

PageTop

8月18日の滋賀演奏記、旅。

8月18日 日曜日。
滋賀にあります
ミシュラン三ツ星の美術館「ミホミュージアム」エントランスにて

10時45分〜 / 13時15分〜

サマーフェスタをいろどるミニコンサート♪♪
二回にわたり演奏させて頂いてきました。
大充実の一日でした♪


Rumi_Hatori.jpg


アジア、エジプト、そして日本(江戸)ファインバーグコレクションなど
ミホミュージアムの宝物を
自然光いっぱいの山のめぐみのなかで拝観してきました♡
大理石の涼やかなあかるい感じ、やはりルーブル美術館に似ているんだな。



よく晴れた夏らしい一日。
4時起床でスタートしたのは非常にめずらしいケース。
タクシーに乗り込んだのが5時^v^
5時台から電車はクールにいつもの表情で動いていて
それでも三車両ほど「貸し切り」状態なのをよいことに、
誰も見ていらっしゃらないのならと
保冷パックと持ち歩いてきたおにぎりを、早速ぱくぱく。笑
まだ星が綺麗にみえている、よるに属するような時間のなかを。出発☆

私たちシャノワールのトリオで
演奏をつつがなく終えることができ、感謝しております。


TriochatNoir.jpg

Trio-Player.jpg


Miho-0818Futari.jpg



沢山のお客様たちに(おばあさま、おじいちゃん、小学生のお子様づれに、若いカップルも多数)
わくわく♪と集まって頂き、がぜん、演奏に、よろこびを込めたいな、と。
チェロ&ダブルキーボードの私たちは、
オルガンや可憐な鐘の音色などを模したりしながら
楽しみながら演奏をお届けすることができました。

MihoMozaike.jpg

真っ青な空。
枝垂の桜の、葉のみどり。
高圧電線のない景色。
松に守られながらの演奏。
台湾から来たカップルの美人さんからお願いされて一緒に撮影。
ランチには、40分以上も長蛇の列に並んだ末、
12時すぎには手打ちおそばを、ごちそうになり。

SmailLunch.jpg


チェロのルミちゃんと藤井先生とわたし
三人の旅は
なんちゃって撮影タイムをまじえながら(笑)


Kyu-keishitsu-duo.jpg



ほんとうに一日
朝の5時から
夜10時の
帰宅まで無事に過ごさせていただいたことに
こころより感謝いたします。

Miho-grennparasol.jpg


夏の旅行的な一日を終えました♡
u  u


美術館で触れた、エジプシャンブルーや、
日本の浮世絵、
アフガニスタンの石仏さまなどにも心を揺らされながら
幸福な一日だったとおもっています


この機に
朝型生活を叶えられるかもしれないハトリでした☆☆☆
(22時には寝ていたかったりします)



満月が近づいています。(というか、今ほぼ満月ですね)



美しい月に 満ちてゆくものが
幸福でありますように。


そして月にちなんだ作品に
美術館で邂逅したことで
今回の人生で恐らく二度とは実際には逢わない とある人との
数々のやりとり、共にみた夢幻、
消えることもなければ裏切ることもほんとうには、ないのだろう、
えにしと言葉などを 


ほんのひとかけらだけ
心の底の湖に映しながら


(「もう手のふれない昔」に、殉じては、いけないのだから)
→けっこう冷静な私が居る


ちいさな異動や日常の変化も起き得る、
この秋を迎えます。


月は、いつのとしにも凄まじく引力を持っていて。
そして清浄に。


かつてわたしたちの夢が折れていなければ
案外 まるで「今」みたいに。
この夏のような雲ひとつなく晴れた日に
共に
笑い合っていたのかもしれないけれど。


でも、違うと思う
それは、やはり、
どの扉からも続いていなかった「今」だから



やはり
月の世界は
時の止められたように閉じている。
過去を再生するオルゴールのようだ。
律儀に。劣化も歪曲も紛失も、なく、ただ、そこに恋歌はながれる。
閉じている。変えられない。
そう、ひとつの箱のなかに。あの絵の向こう側に。


貴重な一日でした。


MIHOミュージアムの皆様
ありがとうございましたvvv


PageTop

8月12日の記録

8月11日の記事よりも前に
順番が前後しますが、8月12日の記事を。

人生初しがらき。
人生初 美術館においての演奏。

稲穂のみどりが綺麗です

MIHOミュージアム
という、フランスのミシュラン観光ガイドブックの日本案内bookで
三ツ星を獲得している森のなかの美術館へ
お邪魔してきました。


来たる8月18日(日曜)の為のリハーサル目的でした。


Futari-MIHO.jpg


Miho-Entrata.jpg



和を意識して取り入れた、明るいエントランス。
音がとても良く響き、ひろがってゆきます。

チェロ演奏家、瑠美さんの凛々しいこと。

Rumi-Yokogao.jpg

8月18日は、
MIHOミュージアムのサマーフェスタ。
こどもたちがタイルモザイクにふれたり、読み聴かせがあったり、と
館内ではワークショップありで
にぎやかな一日になりそうです


私たちの演奏は 10時45分〜 / 13時〜 の二回を予定しています
チェロメインに。
演奏をお聴きいただけますのは無料です。


JR石山駅から
バスが1時間に1本、出ています。

MIHOからの帰りにも、やはりバスが1時間ごとに1本。

ふっと、こころを遠くまで連れてゆく。
ここちよい音を


この美しい空間で見つめてきます♪♪♪


バスのダイヤ【JR 琵琶湖線 石山駅 発】
帝産バス MIHO MUSEUM行き (所用時間:50分)
土日祝 9:10 9:50 10:10 11:10   12:10 13:10 14:10


演奏は、10時45分〜 / 13時〜 私たちはエントランスにて行っております


PageTop

きらきらする日々の記憶

今年は花火大会を
2回も観ることができました

一度は神戸、一度は淀川。

神戸の花火も
それぞれにみんな思い出をつくり
マンションのベランダもにぎやかで
ギャル的な子たちは騒々しく 笑


淀川の花火は、事務所のウラテから
生徒さんたちも一緒にチラ見!
わあきゃあ言いつつ
おもいのほか大きな華が観られました

梅田から観ると大きいですね!

生徒さんたちからの
音楽教室への差し入れが
なんだか華やかになるばかりなのですが

すぐ思い出せるだけでも

和菓子、ひとくちおまんじゅう、
パン、に始まり、
ワイン数本、
マリアージュフレールのお茶(マカロン味)
阪急梅田限定のハッピーターンに(ラズベリー味めっちゃ!めっちゃ!美味しい!!)


絢爛豪華な差し入れの数々。。


すてきなお心遣い、いたみいります。ありがとうございます♪♪♪


発表会リハーサルと、
発表会と、
そして滋賀県信楽ゆき。
隠れ里のなか、森に埋もれた、MIHOミュージアムへ。


RumiCello.jpg


濃密3daysを過ごしました*^^*



それにお手製ワイン会(ホームパーティー)にも
ちゃっかりお呼ばれして。


美味しいものを
ごちそうさまでした☆☆☆


Riha2.jpg

写真は発表会会場(KPS)室内。

Riha.jpg

PageTop

懐かしい場面たち〜2年ほど前の写真を頂きました


2010年、2011年頃の写真を戴きました。
羽鳥が中嶋生恵さんとライブ活動が多かった頃の。

ステージにいる自分を観る、ということが
極めて少ないわたしは、
なんだか、新鮮な気持ちがします。



見守ってくださって、ありがとう。
遠路を聴きにきてくださって、ありがとう。

またお会いする日まで。

私は、もっと、自分の曲をつくってから
お逢いしたい。そんな気持ちが、強く、しております。


024-aya-2011.jpg


ちょうど浴衣の季節の写真もあって、懐かしいなあ。


Katsute-MR.jpg



SOC-MoonRoses.jpg



写真たち by C様
ありがとうございます!


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。