* con vida Azul * 羽鳥活動記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

祝 みをつくし料理帖の新刊発売!(私のすきな文庫本小説)

みをつくしシリーズ、
江戸を舞台に、みおという名前の少女が
ひたすら一所懸命に 受難にも負けず 料理を考案しつづけるストーリーの
あたたか人情料理もの時代小説(?!)なのですが

待望の新刊(文庫)をお取り寄せしました!
待っていましたとも!
琥珀羹のプチ エピソードのみ既読でしたが、、、、

そして気になる次巻が ついに最終巻?!

えーーーーー!!
もっと読みたいのに終わっちゃうの?ほんとにほんとに?!
最終巻の1冊前なの?!もう?

あの世界をもっと見ていたいのに。
ハッピーエンドと、そのさきをも、がっつり見たいのに!!


。。このブログはブックレビューサイトではないはずなので(苦笑)
当ブログで宣伝しても
あまり意味はありませんが、
羽鳥は、この本の主人公である料理人「澪さん」のFanであり、
著者の高田先生の生み出すキャラクターと、ていねいでこころを尽くす料理観が大好きであり、
そして励まされるところのとても多い本です。おすすめです♡♡

恋愛のお話ではなく
主軸は「ひととしての凛とした筋」だとか
「こころある料理」がメインですが。


こころある料理に芯から撃たれることって、実際、ありますものね。
食べた瞬間に感謝がこみあげてくるような。


ひたむきな澪さんは、当時ではめずらしい、女料理人。
下町のみんなから支えられて、応援されつつ、助力もいただきながら、
ひたすらに料理にこころをくだきます。
というか発案したり研究したり調合したり、、、です。
お客様をすこやかに、の、一念で。


2月の羽鳥は原則的には静養中。
ごっそり痩せた影響からスタミナを復活させるべく、
静養中に、できることは限られており、
外出そのものを控えた日が圧倒的に多いもので
目下、すこやかさを得るための栄養面もたいせつに
料理にいそしんでいました。心ある料理を。
そして、つい先日、ふと認識してしまいました。

あらら。
我が家の料理は、すでに、
<ずぼらさん向きのカテゴリ>からは かるーく逸脱していたことに。。。

そうか。そうでしたか。
うちの手料理は、手間ひまを惜しまない方向へ
すでにシフトしていたのか。
いつのまに、、、、。(ようやく気付いた)


味のバランスを取ってゆく作業では、ひたすら、
美味しい!と心から思えるまで
変化を加えてゆきます。瞬間ごとに味を変えてゆき、
ほんとうに、スパイス1つで、
ふたたび他の分量を変えなければならない
<調合>の世界で。。。
今月は<クリエイティヴ時間>と呼んでしまえる時間を
台所で過ごしてきました。
(べつにカレーのお話ではなくて、
 調合して調整するのは、
 スープとか、つゆ、とか、あんかけ、あえるたれ、デミグラス等もすべて)


料理って深い。ほんとうに繊細。
そして料理って愛がないと出来ない。

自炊や、ほかのだれかに喜んでもらえる料理を
毎日かんがえて、
こころまで元気にしてしまう料理をこころざす全ての人たちが、
(※小説のなかの話だけではありません)


ほんとうに健康になれますように。
からだの細胞がよろこんでゆけますように。
体調の上向きさを、実感できたり、しますように☆


2月ブログの番外編、料理編でした。>▽<


:本音の呟き:


そろそろ
玄米食に主軸もどそうかしら。。。
ビタミンB1が取れるのは大きな魅力ですね。
まいにち豚肉を摂れるわけではないから。
ついビタミンBが不足しがちな、我が家のみんな。

精米したての減農薬のお米と、玄米を、
もっとじょうずに取り入れてゆきたい羽鳥でした。

スポンサーサイト

PageTop

アマレーナ、パティスリーではなく私たちのCDを配信へ

私とヴァイオリニストのケイシ。
2人だけの編成、ピアノとヴァイオリンのみで
手作りしたアコースティックCD「Amarena(アマレーナ)」

芦屋のお菓子屋さんではなく
ここではCDアルバムのタイトルです(笑)

チェリーの洋酒漬け、のイメージ。
甘く薫って、ちょっとおとな味で、
しあわせな時間もCDのなかにとどめたいな、と。



羽鳥の現在の勤め先であるJazz教室の「Kimball Piano Salon」とは
出逢う前にこのアマレーナを作りました。
言い換えれば、私がラグタイムというジャンルにしっかり出逢う前に作ったオリジナルCDです。
ボールルームのジャズを弾いている、という意識は、
この頃まだ全然なくて、
むしろ、オリジナルを3曲、盛り込んだ事が大きな特徴であり
レコーディングからミックス、マスタリングまで、
私とケイシの2人だけで
すべての行程を完成させたことに
最大の特徴があるCDなのですが
(ちなみにジャケットデザイン&配色も2人で/ほんとうに凄い集中力でした)

タイトルを名付けたのは羽鳥です☆★

このたび
このアマレーナの音源が、i-Tuneなど、配信サイトで1曲から
電子でお買い求め頂けるようになります。(あと7週間くらいで一斉配信)
祝 世界へ。

このアマレーナCD、
まずは「Monstar FM」という配信サイトで
すでに配信が開始されました!ご購入&ご試聴いただけます
どんな音なのかご興味がおありの方は
ご試聴なさってみてくださいませ




ケイシ、

アマレーナが形をもつ作品にまとまったのはケイシのおかげです。
1年の歳月をかけて、
企画から曲選びから録音からジャケットからフォントからCDの形になるまで
すべての行程で本当に言い尽くせぬほどお世話になりました
そして今回、この2月、世界への配信の手続きを一挙にお引き受けくださり
ほんとうにありがとうございます。
i-tuneでの配信、楽しみです。


このアルバム「アマレーナ」の4曲目、
わたしのオリジナル曲である、フラーム(炎)
Flammeという曲は、インパクトが非常に強い曲で
雪の平野と炎、あるいは恋愛感情ですか?という風に、
聴いて評してくださる方が
複数いらっしゃる、羽鳥のオリジナル曲です。
このCDへ収録するにあたり、
フラーム、炎(仏語)というタイトルへ改題を決める前には
「紅のアリア」と呼んでいました。


雪と、流れる炎、どちらも、私にとって、ここ10年以上ずっと、
かぎりなく親しいものたちです。
この烈しさがなつかしい。えへ。(笑)

ケイシのヴァイオリンの面目躍如も聴きどころです。
グランドピアノソロとは また違う表情に仕上がっています。


よろしければ このCDアルバムの通信販売が
1曲から単位の電子DLもこのたび、スタートいたしましたので
(1曲ごとに試聴の上、MonStarからDLしてお買い求め頂けます)


お好きな方法で お買い求めくださいませ♪♪*^^*
従来どおりのアルバム本体CDで希望の方は、アマレーナの通信販売サイトからどうぞ♪♪


PageTop

そろりそろり復活へ向けて。


1月末の「気の進まない出来事」は、急遽
「日帰り手術」とあいなりまして

なんだか私、
まな板のうえの魚でした。
39度5分のインフルエンザもどきも
ほぼ同時に発症し


そして現在、ピアノが弾けるコンディション8割まで
取り戻したところです。
60分ないしは45分、弾いても、大丈夫。
左手からさきに感覚がもどりました。


こうやってインターネットやパソコンへ向かっても
もう平熱ですし、
目眩などもしなくなりました*^ー^*b
ご心配をおかけしました各方面の方々へ、
そろそろりと復活中です、と、ご報告まで。

今年2014年、私、本厄にあたります。

インフルエンザ的なものも、さっそく終わらせましたし
家族の帯状疱疹も、そろそろ終息の気配ですが、
無理は禁物。

無理をせずコツコツと
ピアノと脱力と楽曲分析と筋トレに再び励みます所存です。
熱心な生徒さんたちへ、最良のレッスン時間をお届けしたいですし。

ご心配をおかけした方々、ほんとうに申し訳ありませんでした!

私もつぶやいておきましょう。

鬼は〜、そと!!!
福はうちー!(ごもっとも様〜〜〜!笑)

PageTop

ホワイト ハート


1月、中旬に招いて頂いた
リッツカールトン。
遠くさかのぼると、大学の謝恩会でのリッツの記憶も、既に、おぼろげすぎて、
おのぼりさん気分が満載どきどきリッツでは
「カラー」の花がテーマになっていました。

とても清楚。白×グリーンのみ。

ハート型に見える写真が撮れました*^^*

Color.jpg

この優美な時間を糧に、
1月末の精密検査と手術を怒濤のうちに乗り切った!感じです。

招いてくれたYちゃんほんとうにありがとう。
またアフタヌーンティータイムご一緒させてください♡♡♡

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。