* con vida Azul * 羽鳥活動記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ルビーのようなライブ演奏に触れる


まっすぐに言葉を綴っていたら
今の自分にとって
必要な音楽を手繰り寄せたようです。
PCで……。


詩のような曖昧な呟きを置いておきますね。


redrose2015.jpg


-*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*-

ルビーのようなライブ演奏に遭遇して→ 感想

-*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*-


ルビーの色をしている バンド演奏に
偶然 耳が触れました。
パソコン画面ごしに


オランジュ色の土曜から
ルビーに移行?


たしかに
ひしめく無数の熱量が
閉じ込められたライブの音を
真夜中すぎ  偶然に聴きました。

深い深い ルビー。 紅玉の音。

静寂とは無縁の「気配」を音楽のなかに聴いたのです。手繰り寄せたみたいに。
触れた。
なんていう、ひとの気配の、多さだろう。


あなたに向かう たくさんの祈りがそうさせるのか
あなた「が」向かっている魂が 対峙している魂が、 たくさんすぎるのか 
それは私には わからないけれど


実際の ステージ上の楽器出演者のシンプルな数をね。
10倍以上 かけ算してもいいくらいに、
ざわつく気配があるの。
人の気配がある。音に。うたごえの熱量のなかに。


つめたそうにみせて熱い
その言魂を 歌わずにいられない いきものが うたうこと。


その当然といえば当然の。
プロの 生きざまの まっすぐな熱量に触れたら
すこし共振して


わたしのなかの炎が すこし 強くなった気がした。
火の種が ふわっと。


風を受けたみたいに。
追い風をもらったように。
ふっと揺らいだ。


勝手に、応援力を受けとる感覚です。
14歳で そのひとたちの音楽に出逢ってから。


今 33歳でも【敬意】を抱けること。 
感謝したいと思った。


二十年ちかく経っている。
でも、愛は変わってない。

そういうアーティストは私にもいるのです。

「羽鳥にとって」
生きるちからをくれる歌声と言魂を
ふたたび聴いた土曜。


好きは好き。
生きていてくれてありがとう と。


生きていてくれること それだけでいい。と思うのは、


わたしの場合には結局
恋の熱に似ている。


10代から、ずっと。
生きていてくれるだけで幸せって。その地点でばかり、鳴る。そればっかり鳴る。


そこについての記事は冗長すぎたから、
すっきりカットいたしますね。
色々と考えてしまったことがあるのだけれども
それもまた「羽鳥らしさ」のうち、なのでしょう。


ただ記録しておきたかったから。

ルビーのような音を、
透明とわずかな黒をはらんだルビー色の、熱い気配を、現時点に抱き直して
また一歩ずつ。次の日へ。


いきていることの炎の種が、わたしの内にも、在ること。


向かい風や、
サポートの追い風を 一瞬ごとに
「感じながら」ある。33歳 9月26日時点の旅記録でした。



もうひとつ。
追加で
ネットからお借りした薔薇の写真もあげておきます。
懐かしいような気配がする写真。
わたしの大好きな
新居 昭乃さんの過去アルバム。
「降るプラチナ」の世界観の匂いがします+゚。*(*´∀`*)*。゚+
(それって個人的すぎる…!! 笑)


roseblanca2015.jpg



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。